QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

過去の記事詳細

QT PROモーニングビジネススクール > 過去の記事一覧 > ホームレス問題(1)(国際経営・国際ロジスティクス/星野 裕志)

ホームレス問題(1)(国際経営・国際ロジスティクス/星野 裕志)

09/03/09


経済情勢がますます悪化している中で、
企業の生産計画の見直しや非正規労働者の
雇用の見直しが進められています。
派遣切りといわれる派遣社員の雇用の中止により、
職を失い、住む場所を失う人たちの増加が懸念されています。
今日と明日の2回は、
専門分野の国際経営・ロジスティクスからは離れますが、
個人的に問題意識を持って取り組んでいる
ホームレス問題についてお話したいと思います。
特に今日は、異常事態ともいえる福岡の現状をお話して、
明日はどのような対策が考えられるかについて
考えを述べたいと思います。


■ホームレスとは

「ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法」によると、
ホームレスとは「都市公園、河川、道路、駅舎その他の施設を
起居の場所として日常生活を営んでいるもの」と定義されています。
また最近ではインターネットカフェなどで
生活している人たちの中にも、
「ネットカフェ難民」と呼ばれて、
ほとんどホームレス状態に近い
ニア・ホームレスとして社会問題化しています。


■ホームレスの実態

このようなホームレスの実態については、
毎年1月に厚生労働省によって
全国調査が行われていますが、
昨年1月の調査結果では、
6年前の2003年に比べて
大幅な減少が見られました。
全国で25,296人から16,018人と
37パーセントも減少したことになります。
今年の概数調査はちょうど終了したところで、
現在全国で集計中ですが、
逆に大幅に増加すると見られています。

そのように昨年までは
全国的に減少傾向にある中で、
政令指定都市としてホームレス人口が
増加していたのは、横浜と福岡の2都市だけです。
全国でもっともホームレスが多い都市は、
大阪の3,647人、続いて、東京の3,436人ですが、
福岡は全国3位の782人という都市の規模からすれば、
大変なホームレス人口を抱えていることになります。
さらに福岡の次の4位は横浜、5位は川崎と
それぞれ600人台ですが、これらの特徴を見ると
福岡を除く4都市が、日雇い労働者の簡易宿泊所の
集まるいわゆるドヤ街があることがわかります。
例えば、大阪の釜が崎辺りは、
800円もあれば一泊泊まれるような
ところがある地域なのです。
しかし、福岡は、そうではありません。
ドヤ街がない福岡にこれほどのホームレスが
集まっていることは、まさに異常な事態といえるでしょう。


■ホームレスが集まる理由

福岡の782人の6割程度が、
福岡市の外から来た人たちのようですが、
なぜ福岡にはこれほどのホームレス人口が
あるのでしょうか。
実態をなかなか正確には捉えることが困難ですが、
おそらく福岡は「そこそこ」豊かであったから
ということがいえるのかもしれません。
九州の中核都市であり、すみやすい都市として
世界的にも注目をされるくらいに
都市機能としても充実していて、
それこそ廃品の回収や仕事にありつける機会も
ある程度はあったということかもしれません。
ただ昨年までは活況を呈していた製造業の
中心都市として、名古屋ではこの5年間で
ホームレス人口が3分の1に減少したようですが、
福岡では実際に吸収するほどの雇用が
発生するようなことはなかったということは
いえるかと思います。
そこが「そこそこ」豊かという理由です。


■福岡のホームレスについて

福岡の実態について少し見てみると、
全国的には、河川敷や公園にそれぞれ
全体の3割ずつが寝起きする中で、
福岡の特徴は全体の約半分が公園に住むことであり、
全国平均の3パーセントに対して、福岡では
女性の比率が7パーセントと高いことが特徴です。
何故、公園に集まるのかは、よく分かっていません。
他の都市のような簡易宿泊所がない
という理由も、もちろんあると思います。
福岡市内の子供の遊ぶ公園に、
かなりしっかりした小屋が建てられているのを
目にすることも珍しくありません。
街でも大きなビニール袋に空き缶を入れて
自転車で運んでいる光景を目にすることが多いですが、
空き缶の回収といった仕事や日雇い労働を
見つけて生活をしているようです。
福岡市の調査によると、福岡のホームレスの人たちの
約半数が健康に不調を訴えており、その7割が
治療などの医療行為を受けていない状態にあります。


■身近なホームレス問題

年末年始の東京の日比谷公園の
「年越し派遣村」や派遣切りの報道を
最近は耳にすることも多くなってきましたが、
リスナーの多くの方々は、少なくとも最近までは、
ホームレス問題は比較的に遠いところで起きている
と考えられていたのではないかと思います。
僕自身もいろいろと実態を見るまでは、
縁遠いことと思っていました。
ただいろいろと実態が明らかになるにつれ、
それは非常に身近な問題であることを
意識せざるを得ませんでした。

福岡市内のホームレスの平均年齢は、
50歳台後半であり、ホームレス状態になるまでは、
そのうちの4割が正社員として常勤の仕事に
就かれていたようです。
それが勤務する会社の倒産や仕事が減って
解雇されたり、病気や怪我や年齢で
仕事ができなくなったり、家庭の事情で
家を出ることになったことが、
ホームレスになるきっかけになったようです。

50歳を過ぎて、突然仕事を失ったときに、
おそらく簡単には次の仕事は見つからないかもしれません。
このような100年に一度ともいわれる不況の中で、
ホームレスは非常に身近で、緊急に
解決しなくてはならない社会問題です。
今後街で見かけることも増えてくるかと思いますが、
私たちの住む町で起きている重要な問題
という意識は誰もが持つ必要があります。

分野: 星野裕志教授 |スピーカー:

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ