QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

過去の記事詳細

QT PROモーニングビジネススクール > 過去の記事一覧 > QBSのカリキュラムの特徴(産学連携マネジメント/高田 仁)

QBSのカリキュラムの特徴(産学連携マネジメント/高田 仁)

09/01/13

今日は、QBSのカリキュラムについて話をします。


■QBSのカリキュラム

九州大学のビジネス・スクールが目指すのは、
「世界に通用するビジネス・プロフェッショナル」ですが、
特に、「経営と産業技術を理解し、
アジアで活躍できるMBA」の育成を目指しています。

入学後、全員がビジネス・リーダーに
必要な基礎的科目(アカウンティング、
マーケティング戦略、企業財務など)を学びますが、
専門科目には、MOT関連科目として、「知的財産管理」
「研究開発マネジメント」「イノベーション・マネジメント」
「産学連携マネジメント」「製品開発マネジメント」
などが配されています。
これにより、理科系・文科系の出身を問わず
技術マネジメント教育(MOT : Management of Technology)に
触れることができます。


■アジア志向

また、多くの科目においてアジアが意識されます。
アジア志向は、歴史的・地理的近接性から、
九州大学の研究教育活動の主要な柱であり、
長年の蓄積があります。
QBSにおいても、アジアに造詣が深い教員による
アジア関連の科目、例えば「アジアの産業と企業」
「中国ビジネス」「アジア多国籍企業」などが
用意され、アジア・ビジネスでも活躍できる
人材の育成を目指します。
また、中国の上海交通大学や復旦大学、
南京大学、大連理工大学、東北財形大学、
東北大学、中国人民大学、あるいはタイの
チュラロンコン大学、タマサート大学など
アジア諸国の提携ビジネススクールとの
単位互換による交換留学を実施し、
今学期も12名の外国人留学生が一緒に学んでいます。


■プロジェクト演習

また、QBSの特徴として、
2年次に1年間をかけて行われる
「プロジェクト演習」があります。
これは、学生の興味に従ってテーマが設定され、
配属された研究室でゼミ形式での指導が行われ、
最終的にプロジェクト論文と呼ばれる成果物を執筆します。
内容は、企業(ケース)分析、学術論文、
ビジネスプランの作成、など、様々で、
QBSで学ぶ集大成ともいえます。

講義は、主に平日の夜と土曜日に行われるため、
忙しい社会人でもなんとか通うことが出来ます。
教員の立場で驚きなのは、学生さんは仕事に
勉強に家庭にと、相当に忙しいはずですが、
結構、グループ学習や飲み会が頻繁に行われています。
そのような講義以外のつながりを通じて、
異なる組織や業界での就業経験や専門知識を
持つ人たちが切磋琢磨し合う学生の活力が
QBSの最も大きなエネルギ−かもしれません。


■QBSの募集

2月には『特別選抜枠』の募集を行います。
これは、特にMOTとアジアビジネスについて
人材育成を図りたい企業から、
該当する社内人材の推薦を受け、
その方々に対して入試を行うものです。
応募締め切りは1月30日で、
試験は2月8日に行われます。
詳細はQBSのホームページで開示されているので、
MOT人材の育成を図りたい地元企業経営者の皆さんに、
是非関心をお持ち頂ければと思います。

分野: 高田仁准教授 |スピーカー:

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ