QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

過去の記事詳細

QT PROモーニングビジネススクール > 過去の記事一覧 > スコットランドの産学連携プロジェクト(その2)(産学連携マネジメント/高田 仁)

スコットランドの産学連携プロジェクト(その2)(産学連携マネジメント/高田 仁)

08/11/27

■プロジェクトの支援と管理

今日は、各研究プログラムの管理について述べます。

いくら産学双方に魅力的なテーマが設定されたとしても、
双方に意義ある成果を生むためには管理が極めて重要です。
スコットランドの事例では、
支援と管理を同時に実現するようにしています。

これらを同時に行うことで、大学の研究者としては、
サポートによる直接のメリットが得られるとともに、
ガチガチに管理されているという印象がないということで、
プロジェクトの進捗が非常に円滑に行われているそうです。
ここには、重要なファクターが2つあります。


■共通で使える施設

1つ目は、共通で使える設備や機器を企業が提供している点です。
企業がラボを作って機器を提供し、
そこに30名位の色んな専門の科学者やエンジニアを配置しています。

大学では分析しきれないような高度な分析や、
そういう機器を使った分析を、
このラボに委託することができます。
このラボは、色々なデータを解析するというサービスを提供することにより、
実はプロジェクトに参加している研究者の情報や
研究の進行状況の情報が適宜入ってくることにも繋がるそうです。

このように、製薬企業の人が支援することにより、
同時に管理もしているというしくみが実現されています。

■トランスレーショナルサイエンティスト

2つ目は、トランスレーショナルサイエンティスト
という専門家の存在です。

彼らは、医薬開発の専門家で、大学の研究にも精通しており、
最初の研究計画書を作る段階でのサポート以外でも、
実際に研究がスタートした後で、
実験データの読み方の相談などにも気軽にのってくれます。
そして、データの出し方に対するアドバイスも行います。

この過程もまた、支援と管理が同時に実現されているのです。
研究者としては、専門的な面から手伝ってもらい、
アドバイスももらえるわけですが、
実はそこでも、管理がなされているのです。

このような専門家の働きにより、
最終的に得られたデータは、
企業の中で、即使うことができるようになるのです。


■ファシリテーションの重要性

プロセスの管理の方法について、
現地の企業から来ているマネジメントのトップの人は、
「トランスレーショナルサイエンティストや、
解析のサービスを提供しているラボのスタッフは、
ファシリテーターの役割を担っている」と言っています。

色々な問題を抱えている人がいて、
色々な活動をしている人がいる時に、
うまく事が運ぶように舵取りをするというのが、
ファシリテーターの役割です。

大学の研究者と関わる人たちは、
ファシリテーターの役割を担っていて、
決して、警察のように“監視”することが役割ではない
と話していたことが、非常に印象的でした。


■産学連携とファシリテーション

日本の中でも、さほど意識せずに、
ファシリテーションとは呼ばないまでも、
マネジメントがうまく機能しているところには、
必ずファシリテーターの役目をしている方が活躍しています。

ファシリテーションというのは、
うまくことが運ぶように舵取りする役目です。
集団、グループによる問題解決、アイデアの創造、
合意形成、など様々な知識創造活動を支援し、
促していくという働きをするのが、ファシリテーターの役割です。

日本には、日本ファシリテーション協会という団体があります。
会議の円滑な運営、例えば、地域の街づくりの会合の運営などで
力を発揮しています。
異なる意見や考えを持つ人が集まる場で、
いかにうまく両方からいいものを引き出し、
共通の目的や方向性を明らかにしていくときに、
ファシリテーションは大きな力を発揮します。

産学連携は、もともと全くミッションや社会的位置付けも違う、
産と学という存在をうまく結び付けて、
両方の持っている良い部分を引き出すことが大切なので、
ファシリテーション型のマネジメントは、
今後の我が国の産学連携プロジェクトにおいても、
多いに重要になると思います。

分野: 高田仁准教授 |スピーカー:

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ