QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

過去の記事詳細

QT PROモーニングビジネススクール > 過去の記事一覧 > ビジネス・スクールで得られるもの(国際経営・国際ロジスティクス/星野裕志)

ビジネス・スクールで得られるもの(国際経営・国際ロジスティクス/星野裕志)

08/10/02

前回はアメリカでのビジネス・スクールの
ランク付けをご紹介して、個人がMBAに
投資をするということをお話しました。
今日は日本のビジネス・スクールの状況について、
私たちのQBSの例からお話します。


■QBSの評価

日本ではまだまだMBAのプログラム自体の
社会的な認知度が低く、ランク付けは
それほど一般的には行われていませんが、
その数少ないランキングのひとつとして、
国際戦略デザイン研究所という調査機関の
評価があります。
学生、教員、カリキュラム、施設インフラ、
オープンネットワーク、パフォーマンス、
マネジメントの7つの観点から、
評価・分析をされています。

*国際戦略デザイン研究所ホームページ
http://www.isd-r.com/top.html

現在国内には64のビジネス・スクール
およびプログラムがあり、
その国際戦略デザイン研究所の今年の評価で、
QBSがトップになりました。
設立から5年半、
まだまだ発展途上のプログラムで、
施設や教員の実情を考えると、
こんなに高く評価していただいていいのだろうか
というのが率直な感想ですが、
中立的な機関の調査・分析結果として、
素直に嬉しく思い、教員としても
励みになっています。


■MBAを取得する意義

前回QBSの学費は、2年間で約135万円と説明し、
それはアメリカのトップクラスのビジネス・スクールと
比較すると6分の1、7分の1とご紹介しましたが、
MBAを取得した後の事情は大きく異なります。
つまりアメリカのように、
MBAの認知度が高い市場ができていれば、
企業もMBAを好条件で雇用しますので、
個人にとって、良い投資と考えられるかもしれません。

一方で日本では、
MBA自体の認知度がまだ低く、
日本企業の中でもMBAホルダーを
十分に活用するという体制ができていません。
このような理由で、MBA取得後に、
ビジネス・スクールで学んだことを
組織のなかで生かしたり、
ヘッドハンティングされる可能性という点では、
アメリカに比べてなかなか難しい状況にあります。

この番組でも、多くのQBSの修了生や
現役の学生に自分なりの考えを
話していただいていますが、
それではみなさんは
日本のビジネス・スクールに、
何を期待してこられるのかということを
少し考えてみました。
ビジネス・スクールを通して、
マネジメントに関する専門的な知識や分析手法や
具体的な方法などのスキルを得ること、
そして論理的な思考の方法を、
2年間を通じて身につけることが
最も大きいと思います。

学びを仕事にいかし、仕事を学びにいかす
という私たちの掲げるモットーは、
仕事の上での問題や新しい課題に
取り組むといった問題意識に対して、
必要な知識やスキルや思考法を
提供することになります。
またビジネス・スクールで
学ぶことによって、新たな考えや方法を
得て実践に応用することにもなります。

■MBA取得後のキャリア

修了生の中には、自分で起業をする人も現れ、
新しいキャリアに踏み出した人もいる一方で、
自分の所属する組織の中で
新規事業の立ち上げや事業の拡大に
大きな貢献をした方々もたくさんおられます。
海外事業をひとりで立ち上げた方など、
企業の中枢で活躍する人も出てきています。
企業、官公庁や自治体、非営利の組織など、
どのような組織にあっても、
高度なマネジメントの知識は必要です。

そのように考えると、
アメリカのように自分への投資を短期的に
回収することは難しいかもしれませんが、
専門性を高めることで自分のポジショニングを固める、
新たな知識やスキルや論理性を持って
新しいことにチャレンジする、といった
将来のキャリア・プランに沿って、
今の自分をどのようにしたいのかという
長期的な視点に立った判断に
なるのではないかと思います。

ビジネス・スクールで味わうことが出来る、
毎日が異業種交流会といった刺激、
学生間や教員とのネットワーキングの強さや、
そのほかの在学中に得られる様々な事柄は、
すでに皆さんに話していただいているとおりです。

QBSの学生募集を始める時期(10月)にあたり、
ビジネス・スクールを比較する上で、
ぜひいろいろな視点から自分なりに
検討をしていただきたいと思います。

分野: 星野裕志教授 |スピーカー:

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ