QT PRO モーニングビジネススクール

QT PRO
モーニングビジネススクールWeb版

FM FUKUOKAで放送中「QT PRO モーニングビジネススクール」オンエア内容をWeb版でご覧いただけます。
ポッドキャスティングやブログで毎日のオンエア内容をチェック!

PODCASTING RSSで登録 PODCASTING iTunesで登録 電子書籍で記事を読もう! EPUB

過去の記事詳細

QT PROモーニングビジネススクール > 過去の記事一覧 > 鉄道と他の交通機関との競争(異文化コミュニケーション/鈴木)

鉄道と他の交通機関との競争(異文化コミュニケーション/鈴木)

07/09/04

今日は、鉄道事業と他の公共交通機関との競合について、
距離に応じて、
長距離、中距離、近距離というように
分けて考えてみたいと思います。


■長距離輸送における航空機との競争
まずは長距離輸送、
これは実は鉄道の範囲を
越えてしまうというふうに
諦めている節が日本にはあります。
例えば、新幹線があり、
九州、山陽、東海道、上越というふうに、
地域別に中距離で区分けがされていまして、
これが連携を取って、例えば、
東京で東北新幹線と東海道新幹線が
直通するなんて事はやっていません。
もう長距離を新幹線で勝負しようということは
考えていないというところがあります。
しかし、じゃあ何もやっていないかというと、
そういうことではなくて、
ちょっと小さな例ですけども、
寝台列車を高級化するという
展開が行われています。
鉄道の移動で時間がかかるのは仕方がないから、
逆に時間があるのを楽しませようということです。
例えば大阪-札幌間の
トワイライトエクスプレスがあります。
この列車が大阪を出た後に飛行機に乗った方が
その日のうちに着けますが、
わざわざ寝台に乗るということで、
中で様々なエンターテイメントの工夫が
凝らされていたりするわけです。
もう1つ例を出しますと、
東京から高松、あるいは出雲市へ行く
サンライズという寝台列車があり、
私もよく利用するのですが、
これはほとんど個室です。
つまり、ただ蚕棚があるだけでは
もう人は乗ってくれないということで、
高級化の極みですね。
ただしB寝台料金で乗れますので、
高い料金をわざわざ払う必要はありません。
そこが狙いです。
乗り心地は非常に快適で、
多少揺れても寝られる人だったら、ほとんど問題なく
快適に過ごせるんじゃないかと思います。


■中距離輸送における航空機・バスとの競争
中距離に話を移しますと、
今度はバスとの競争というのが出てきます。
この、中距離輸送というのは
鉄道が最も得意としているものですから、
互角に戦えるし、主戦場となります。
この場合はやっぱり、
時間が早いというところが1番の売りです。
例えばバスだと途中はいいのですが、
都市部の中で渋滞に巻き込まれてしまう
可能性があります。
あるいは飛行機ですと、空港までのアクセス、
あるいは空港に行ってからの乗り換えに
時間がかかるというところがあります。
鉄道だったらそういう時間が必要ない、
あるいは決められた時間に
必ず着くというところを
売りにして勝負できるところです。


空港アクセスを鉄道にすれば
ましかというとそうでもありません。
空港まで鉄道で行って、
それから飛行機で行くよりも、
中距離だったら最初から最後まで鉄道で行った方が
トータルの時間としては早くなります。


在来線のスピードというのは
大昔まで120キロだったのでが、
随分前に130キロになっていますし、
あるいは青函トンネルの中ですと、
もっとスピードを出すというような
スピードアップというのは図っています。
そしてビジネス的に面白いのが、
いろんな特急がありますと、
その中で、1本か2本選んで、
停車駅を間引いて
所要時間がこんなに短いよという事実を造って、
それをアピールに使うのです。
広告などに「何と何の間、何十何分で行きます」
というような書き方をしていて、
実は1日に1/10しかそういう列車走っていない
というようなことが時々あります。
やっぱり鉄道も商売なのだなと思います。
それとちょっとまじめな話になりますが、
所要時間、トータルの所要時間を
短くするということでは、
特急というのは、例えば博多なら博多という駅、
中心駅から出発するというイメージがありますけども、
これを、ちょっと郊外の駅から始発にして、
中心駅を通って行くという形で、
周りのお客さんを拾って、
普通列車から途中で特急列車に乗り継がないでも
直通できるというような工夫というのがあります。
福岡ではあまりありませんが、
東京の方ですと、東京、上野、新宿あたりから
本当は出発するのですが、
千葉から始発になったり、
あるいは横浜から始発になったり、
あるいは池袋から始発になったり
というような工夫があるのです。
九州もなんかそういうのをやるともしかしたら、
もう少し売上を伸ばせるのでは
ないかと思ったりしますね。


一部ですね、熊本で水前寺までやっている
というようなことがありますね。
ですから、ないことはないのですが、
珍しいですね。こちらでは。


■近距離輸送におけるバス・他鉄道との競争
京阪間の歴史的スピード競争の過熱は、
福知山線事故のような
悲惨な事件を招いてしまいました。
博多小倉間の2枚切符のような、
大幅割引特急用割引切符や、
相互乗り入れ、弱冷房車、女性専用車、
普通列車グリーン車のような、
様々なサービスが展開されています。

分野: 鈴木右文准教授 |スピーカー:

トップページに戻る

  • RADIKO.JP
  • ビビックスマホ